昭和56年以前に建てられた在来軸組工法の木造住宅は耐震性能が乏しい可能性があります。 大地震時に家屋の倒壊から身を守るためには耐震補強工事が大変効果的です。 まず、耐震診断をおこなった上で耐震補強の検討を行います。 一定条件によっては各自治体の助成金制度を受けることができます。画像は、外壁に補強金物及び筋交いと構造用合板を設置した耐震補強の一例です。